TOP > ブログ > ジャンネティマスターコースを終えて

ジャンネティマスターコースを終えて

img01

昨年12月より3ヶ月間のジャンネティマスターコースが先月終わりました。

※マウントヒル ヨガ スタジオではインドのグルジ(先生)が教えている、「クリヤ、アサナ、ナディショダンプラナヤマ」を大切にしています。鼻の通りがよくないとポーズも呼吸法もできませんから、まずは鼻を洗います。

ジャンネティマスターコースの期間中はジャンネティ(鼻うがい)を毎日実践し、段階的な効果を知ることと、他の人に教えられるようになるのを目的としています。

img02

花粉症、鼻炎、鼻づまりなどに効果的とおもわれますが、鼻のトラブルはそれだけではありません。

鼻が詰まりがちだと、呼吸が苦しくなり、浅くなります。その状態が続くと、体全体に影響が出てきます。

また、その状態が慢性化する、つまり、いつもその状態であることが続くと、ご自身の本来の力を使うことができないまま時間が過ぎていくことになります。

私自身、ヨガやこのジャンネティ(鼻うがい)を始める前は、怒りっぽい、諦めが早い、肌は荒れ、アレルギーが起こる、便秘、生理痛などなどいろんな症状と、感情の起伏が激しく、疲れやすい状態でした。そんな状態だと、仕事や人間関係もうまくいかない、自分のやりたいことってなんだっけ?状態が続きました。

それでも、呼吸が楽にできている、、、つもりでした。

つまりジャンネティ(鼻うがい)をして、初めて、本当の深呼吸ができるようになりました。呼吸が楽にできるようになるだけで、気持ちも楽になります。体も柔らかくなりやすくなります。

その呼吸での10年と、ジャンネティを知らないままでの10年。。。現在の状態も随分違ったはずです。想像すると怖い。。。

img03

ジャンネティ(鼻うがい)は汚れを出すだけではなく、鼻腔内を広げることができます。そして、それは安定します。この辺りは、このコースで学ぶことができます。

次回は5月から第2期ジャンネティマスターコースが始まります。

お申込み、お問い合わせはマウントヒル ヨガ スタジオまで

 

以下、参加者の花田文乃さんの感想です。

 

ジャンネティマスターコースを終えて
私は、物心ついた頃からずうっと鼻炎です。鼻が詰まっているのが普通でした。 口で呼吸するからのどが痛くなる、風邪を引きやすい、なんとなく疲れている。それが普通。
ヨガをきちんとはじめてからは大分鼻呼吸に慣れ、ジャンネティーもしていました。 たまにジャンネティーをすると水が出なかったり、あるときは出たり、かなり不安定でしたが、 鼻炎だし、アレルギー持ちだし、こんなもんかなと思っていました。 毎日できるかな、こんな私に変化はあるのか、と少し不安もありながらも、スタートしました。
最初の2週間はやはり安定せず、時間がかかったり、うまく出ない日が多かったです。 毎日記録をとるので、なぜ出でこないか、という原因をつかみやすく、先生も丁寧に指導してくだ さってだんだんと安定するようになっていきました。出なくて自信がなくなっても、一緒に受講して いる皆さんと情報共有しながら行えたのでそれはとても、心強かったです。
座学ではヨガの基礎から教えていただき、ヨガクリヤの重要性、効果があるからこそきちんと行わな いと危険性がある事も学ぶことができました。
ジャンネティを通して食生活、、生活そのもののアドバイスをいただき、1ヶ月もたつと、かなり安定 して水がでるようになってきました。その頃にはヨガポーズをとるときに感じていた息苦しさがなく なっていたり、しっかり「立てる」感覚が出てきたり、肌が明るくなった、きれいになったといわれるよ うになりました!!
人に教える練習は、自分の焦りが伝わってしまったり、伝えなければならないポイントをうまく言え なかったり逆に言い過ぎたりして、今一度やり方を復習するよい機会になりました。 人をみる、というのは責任があります。まずはこれからも、自分が実践する事を続けて、きちんと伝 えられるようにしていきたいです。
3ヶ月続けて感じたこと。鼻が詰まっている人が感じている普通は、ふつうではありませんでした。 こんなにも、体が楽になるんだと実感できました。この冬は風邪も引かず、元気に過ごせました。
体は素直です。自分次第でどうにでも変化ができる。 まずは体感してほしい!! 3ヶ月丁寧にご指導いただき、ありがとうございました。
花田文乃

 

↑PageTop