TOP > ブログ > こどもヨガ

こどもヨガ

img01

昨日は初の「こどもヨガ」でした。

こどもをみていて思うのは、特に教えることはない。

なんて書くと、えー!っと怒られそうですが、本当です。ポーズの仕方は教えるけど、その先にあるものは自分で気がついていく。だから少し手を貸すという感じ。

こどもはみんな、すでに完璧だ。と思う。

 

先日、小4の娘の通う学校で懇談会がありました。先生とお母さんたちのやりとりの中で思ったことは、自分のこどものできないところを一番気にしている人が多い。それをどうにかしたいと。

しかし、内容を聞くと、子どもだからそれくらいはいいのではないか。と思ってしまった。それよりも、学校でいつも楽しく過ごしているのかが気になる!

お母さんはみんな、うちの子だけできてない。と心配するのか。

 

私も、自分が学校に通っている時、みんなと同じにできていたら安心していました。みんなと同じで安心、なんていつからそんなこと思い始めたんだろう。。

そうですよ、みんなに合わせることで、安心を得られるのです。

 

ん?安心するために学校行ってるの?

と考えると、私自身はそうだったかもしれない。。。だから面白くなかったのだ。と今更思う。

高校生の時は辛さピークで、ストレスで肌荒れ起こしてましたから。

 

何のために学校へ行くのか。

と娘に聞くと、お友だちと遊ぶため。と即答!それでよし!

平均に自分の子を合わせるのは、その子自身が見えなくなります。安心するためにそれをするのはよくない。

大人が自由でいられないのは、うつやパニックになるのは、平均に自分を合わせるから。平均、基準は自分を合わせるためのではなく、自分の場所はどのへんかと、客観的に見るためのもの。

もしかしたらそれさえ、本当は必要がないのかもしれない。

img02

さて、昨日のこどもヨガです。

 

お母さんと何度かクラスに参加したことのあるSちゃん、Mちゃんは、したことのある、特に好きなポーズのときは、こうやってするのよ!とお友だちにして見せてくれました。

初めてのこどもたちは、何するの⁈どうやってするの⁈と興味津々でした。

年長のMとちゃんは、じっと見つめてから動き始めるという落ち着きっぷりはさすがでした。

年少のMほちゃんは、恥ずかしがりながらも、コソッとポーズをしていたのは見逃しませんでしたよ!できた時のどや顔が!笑!

こどもはポーズをするときの、まず見る、そして真似てする、は大人のそれよりずっと上手なんですよー

img03

次回は3月25日9:15-10:15

おひとり1,000円

ご予約はマウントヒルヨガスタジオまで

↑PageTop