TOP > ブログ > Medha Michikaさんお話会

Medha Michikaさんお話会

img01

南インドはコインバートルの森の中にあるアシュラム、Arsha Vidya Gurukulamでサンスクリット語講師、サンスクリット語の文法家として文献の研究をされているメーダーみちかさんをお招きして

「祈りのある暮らし」 という3つのお話会を開催いたします。

1月16日火曜日19:00-21:00

「カルマとダルマ」社会や家庭での役割 &自分の感情との付き合い方

1月17日水曜日 10:00-12:00

「祈りの言葉」サンスクリット語でチャンティングしてみよう!

1月17日水曜日13:30-15:30

「サンスクリット語と文法」「1日でヴェーダーンタの全体像を掴む」

 

お申し込みはマウントヒル ヨガ スタジオ

info@yoga-plus.net 

img02

料金は会場費として各会500円。

お話をしてくださる、みちかさんにはダクシナ(お布施)用の箱に入れていただくか、直接お渡しください。

ダクシナについて、だいたいいくらくらいなのか?とお問い合わせいただいております。

日本では、全てのものやことに金額が設定されており、交渉することはほぼありません。なので、そのものの金額について考える必要がない。

インドでもお布施は状況に合わせて、大体のもの、ことに相場はあるみたい。

しかし持っている人はたくさん出す、持っていない人は少しだけ出す、というのもある。

結局は払う人、本人が、その「価値」をきちんと考えて、お金に変える。自分の物差しで決めること。決して他人の物差しではない。

自分のためになったなー!ってときは、考えていた金額に追加していいし、そうでもなかったな、というときは減らせばいいんじゃない。

払った後に、あ、出しすぎちゃったかな〜とか、少なすぎたかな?とか考えてみたらいいと思う。

そして、次にこういう機会があったときに、この経験を活かしたらいいと思う。

 

普段、物を買うときに、その「価値」を考えることってあるだろうか?

物を買うときに、その物を、物自体の価値を、みているだろうか?値段だけ見ていないか?高い安いで決めていないか?いろんなもののスピードが早い今、ものの流れも早い。右から左に物が流れて、大切なものを見失いがち。たまには、ちょっと立ち止まって考えてみてもいい。

 

ヨガのクラスの料金について、生徒さんたちから、安いですよ。と言われます。座学の料金も以前の500円はおかしい!とかなり言われました。逆に高いという人もいるし、人それぞれ。どちらにしても、忙しい中、大切な時間とお金を使ってくださるのだから、一生懸命しています。

この社会生活の中でお金について困らなくなったら(それだけじゃあないですけどね!)、いつかみちかさんのような生活ができるのだろうな!と憧れます。

さて、目の前のやれることから頑張ろうっと!

↑PageTop