TOP > ブログ > 思うこと > ヨガとベジと生活と

ヨガとベジと生活と

ヨガを始めて15年。教え始めて14年半経ちました。

こんなにヨガが続くなんて、私も家族も、誰も想像していなかった。

ということで、今の状態は誰も想像したことのない私。

これからもそう。

期待も落胆もない。毎日が続いていくだけ。

 

ベジタリアンも10年くらい。

始めた頃は、いつまでやるの?とよく終わりを聞かれましたが、今では誰も何も言わない。

ここにも誰からの期待も落胆もない。ただ続けているだけ。

 

ベジでいるのはヨガの生き方の一つだからです。でないと私はヨガを続けられない。

 

壁に打ち当たらないと大切なことに気づかない私ですが、ベジになったことで壁はずいぶん手前にきています。おかげで、これまで大怪我をせずにすんでいます。

 

ヨガをすることは

 

社会生活の中で、自分らしさを取り戻すこと、自分らしく生きていけるように、自分を見つめる時間になります。

他人の物差しに自分を置かず、自分を見つめることは、意外と難しいです。頭で考えても、本当にどうしようもないです。上手にできません。

 

だからヨガは体を使うんですね。

ポーズの前にクリヤ(デトックス)をして、いらない考えを取っ払い!それからポーズするんです。いらない考えがあるままポーズすると、堂々巡り、余計に混乱しますからご注意を。

 

ポーズをする時、筋肉を意識するのは、それはヨガではありません。

自然な動きをすること、それによって感受性が高まっていくと、日常で素直な感情に気がつくようになります。

自分の素直な感情に気がつくのが習慣になると、また他の何かに気がつくようになります。ヨガを続ける楽しさはここにあります。

 

みんながヨガをすればいいのに。