TOP > ブログ > 思うこと > お酒とヨガ

お酒とヨガ

ナマステ!マウントヒル ヨガ スタジオ山坂です。

まだ夏のような日もありますが、10月ですね。

消費税が25%も上がりました。8%から10%ですから。

物の買い方を、お金の使い方をもっと勉強せねばと思います。

 

「お酒とヨガ」

以前、ヨガの体験に来られたかたが、前日飲まれたお酒が体内に残っていました。匂いがしたんですね。

それで、ヨガをすると体内に残ったお酒がめぐり、病気の原因を作ることになるので今日はできません。と帰ってもらいました。

もし、私がお酒の匂いに気がつかずにいて、その方がヨガクラス中に倒れることだってありえます。その日は何もないかもしれません、しかし病気の種を作ります。将来、病気になったとして、その原因はその時のヨガかもしれないのです。

 

体内にお酒を残したままでヨガをしてはいけません。

ヨガクラス後30分後に飲食をしてもらうようスタジオではお伝えしております。お酒はもっと間をあけてください。

 

私は飲む人を否定しているわけではありません。私の家族や友人たちは大体お酒大好きです。

 

 

ヨガを本格的にする人がヨガを進めると、自然とお酒は必要なくなります。

グルジは飲んだことすらなさそうだ。 

私はベジタリアンを始めた時に飲むのをやめました。もともと弱いので、なくても平気なんです。

若いときに、飲むと感覚が鈍るのが嫌でした。好きな人はそれを楽しむんでしょうけれど。

ヨガのポーズは感覚が研ぎ澄まされていないとできません。瞑想もそうですよね、きっと。そんなときにお酒飲んでたら、できませんよね。

 

飲むときはヨガしない、ヨガするときは飲まない。でお願いします!