TOP > ブログ > スタジオ風景 > シェア会

シェア会

img01

昨日は久々のシェア会でした。

15名くらい参加でほのぼのした午後を過ごしました。ベジの持ち寄りご飯が美味しかったー。

肉ものがない食卓は、日本ではなかなか経験できませんが、一度経験してほしい。なんといっていいものか、ホッとします。

私は普段、お肉ものを扱うインドカレー屋さんやお蕎麦やさんに行きます。そういう時に、いつもそわそわしてるわけではなく、嫌な気分にもなりません。友人や家族との食事を楽しんでいますから。

しかし、たまにそういう環境が揃うとき、あ〜やっぱりいいもんだなぁと改めて感じます。

ベジタリアン、ビーガンのレストランも少しづつ増えてきています。福岡では長くされている、ひるねこ食堂。おしゃれな若い子が通う大名のRotaカフェ。中洲にあるマクロビオテックのエヴァダイニングは近いのでちょこちょこ行きます。

キッチンに肉ものがない、ということは調理道具もベジタリアンということです。アレルギーのある方にとって、とても大切なことです。同じようにベジタリアンにとっても大切なことです。

※写真はひるねこ食堂さんのベジバーガー

img02

シェア会では、インドでトレーニング中にグルジが作ってくれるムング豆のお粥を作りました。ギーがなかったので発酵バターを。

そして最近夫が作り始めたムング豆カレーも。

昨年、我が家で食卓のように通っていたインド料理屋さんがなくなり、カレーが食べたいと思っていたら夫がつくりはじめました。

薬院スパイスの高田さんからスパイス指導を受けて、ムング豆カレーキットができました。

※写真は高田さんのカレーです、いつもやさしい。

img03

ムング豆は豆の中でも体内でガスを出しません。そして栄養いっぱいなのです。

エネルギーはしっかり吸収!お粥にすると消化も早く、胃腸に負担をかけません。だから、トレーニングやデトックス中に最適。

断食明けにとても良いです。

普段でも、カレー二品ほしい時の一品に、プロっぽい味になるかも⁉︎

夜遅くに食べるとき、疲れているとき、体調がよくないときにも。

台湾ではムング豆(緑豆)をよく使われるそうです、そのうち台湾へいって食べてみたい。

ムング豆カレーセットは豆、スパイス、レシピ付きの12人前で1,000円です。