TOP > ブログ > 思うこと > 幸せなからだ

幸せなからだ

そのひとの持っている力を出していけるように、自分の思う方向へスムーズに進めるようにするのがヨガです。

 

からだは思うように動かない、けど頭はいっつもいっぱいいっぱい動いていて、休むことを知らない。

もともと持っているエネルギーを、怒りとか妬みとか、自分のためにならない方向へ使うこと、それが強くなりすぎると、また、思いがほんの少しであっても長く続くと、結局は自分の体にきます。疲れちゃう。そしてますます動けなくなる。

少しでもいいからヨガをして、思うように動かせるようになる。お腹も足の指も自分のからだを操作できるようになると、上手にエネルギーを使えるようになります。

ヨガクリヤ(ヨガのデトックス)をするとネガティブな感情は自然と減っていきます。だからといって出てくる感情を押さえつけるわけにはいかないので、感情との向き合い方を座学クラスで知ってほしい。

からだは、動きに合わせて、タイミングよく呼吸すること。などヨガの動きは普段にとても役に立ちます。からだに染み込ませてほしいです。それだけで肩こりや腰痛が改善しますから。

普段の動き、思考がいまのあなたのからだと未来を作っています。

頭では未来を想定している。不安を抱えながら?そうなるとからだは疲れちゃう。

 

先のことは、少し置いといて、まずからだを大切にしましょう。

足の指をよーく見て、よく触って。触ると動くようになるし、温かくなるもんです。冷えだって治ります。

 

ヨガのポーズをするのは、自分のからだと会話しているようです。

今日はどんな調子?

昨日はぐっすり寝たから、気持ちよく動けるねー

って具合に。

そうなってくると、自分のからだがかわいくてしょうがなくなってきます。太い太ももも、左右で違う足の指先の形も。

 

これがわたし、だと。