TOP > ブログ > インド > ピピピ

ピピピ

img01

昨日は暖かくなって、春が来たなぁと思った矢先のくしゃみ。花粉も来ました。

しかし、花粉もなんのその、春生まれの私は、この季節になると無性にウキウキしてくるのです。

ヨガクラスのスケジュールカレンダーを作りながらも、ウキウキしてくる。くつ下はくときも、歩いているときも。

誕生日が近ずくと、そうなりませんか?

img02

先日のラクシュミ像が売れました。

img03

リシケシのガンジス川沿いにあるシャトルガンテンプルは500年続くお寺です。

僧侶のマノージさんはバレンドゥ グルジのお友だちで、私が初めてインド、リシケシへ行ったとき、はじめに挨拶しに行きなさいと言われ、それ以来家族ぐるみでお世話になっています。

昨年末、私のリシケシ滞在中に、日本から商売繁盛と健康祈願をしたいお二人のかたのご祈祷をこちらのお寺にお願いしました。そのとき、神像もご購入されたので、その神像も一緒にガンジス川沿いでご祈祷をしてもらいました。写真はご祈祷前に神像をガンジス川でお清めし、お花を供えているところ。

img04

ご祈祷は5人の若いお坊さんが行います。左側にガンジス川、右側は毎晩のガンジス川に祈りを捧げるアルティの会場です。

ご祈祷はアルティ前に行われました。

リシケシに一緒に行かれた方はわかりますね!

手前の男性がマノージさん、リシケシの市長さんでもありました。

シャトルガンテンプルは、クリシュナの生誕地、マトゥラーの初代の王様シャトルガンを祀るお寺です。

メインにビシュヌ神、クリシュナ神、ラーマ、シータ、そしてハヌマーン神。毎晩のチャンティングの最後のハヌマーンチャリサは聴く人を幸福感いっぱいにします。500年の間、祈り続けられたその場所でのご祈祷です。

ご祈祷のお申込み、神像をご購入したい方は山坂までご相談ください。ピピピときたら、スタジオまでどうぞ。